顔・足のむくみも簡単に解消!おすすめ むくみサプリ

むくみの原因



多くの女性の悩み、むくみの原因とは?

夕方になると足がむくんで靴が履けなくなったという経験をしたことがある女性は多いことと思います。

特にふくらはぎや足の甲がむくみますよね。

朝と夕方の足の太さを見比べると全く違うというほど、むくんでしまう人もいます。

女性の悩みの一つでもある「むくみ」は、どうして起きるのでしょうか。

体の中でむくみが起きやすい部分は足

体の中でむくみが起きやすい部分は、足になります。

心臓から1番遠い位置にあることで、血行が悪くなりやすく、重力の影響で水分が溜まりやすい殻です。

足のむくみは、立ち仕事や座り仕事をしている方に多くみられます。

どちらの仕事も、同じ姿勢で行う長時間の仕事となりますから足の水分・血液・リンパ液などの巡りが悪くなり、それらが細胞と細胞の間に溜まりやすくなるからです。

さらに疲れやストレスが溜まったときや、睡眠不足が続いたときにもむくみが起きやすいです。

それは、心臓の血液を送り出す働きが弱くなるためとなります。

また、加齢によって足の筋力が弱くなったときにも、むくみが起こりやすくなります。

足のふくらはぎの筋肉は、心臓から送られてきた血液を送り戻す働きをしているため、筋力が弱くなると血液が上手に戻らなくなり、血液の中の水分や老廃物が溜まってしまうからです。

このような「足のむくみ」は、一過性の場合が多く時間が経つと治まったり、一晩ゆっくり眠るといつも通りに戻るようなら、それほど心配はいりません。

病気が原因でむくみが起きている可能性も

注意が必要なケースは、病気が原因のむくみの場合です。

むくみの症状が出る病気は、心臓病・腎臓病・肝臓病などさまざまな場合が考えられます。

慢性的にむくみがある場合や、むくみの状態が続くときには病院で検査することも大切です。

一過性の足のむくみの原因

一過性の足のむくみの原因は、大きく3つに分けることができます。

1・長時間同じ姿勢でいること

長い時間同じ姿勢でいると、ふくらはぎの筋肉を動かすことが少なくなるため、筋肉が働くことも少なくなりますよね。

筋肉が動くことによって作用するポンプ機能が働かなくなると、体内の水分や老廃物が足にたまりやすくなり、むくみが起きてしまいます。

2・冷え性

足のむくみには、冷え性も関係しています。

冷え性とは、手や足の指先が冷たく感じる症状です。

冷え性は血行不良が原因で、足の末端部分まで血液が循環できていないために起こり、むくみを引き起こします。

日本人女性約80%のたちが、この冷え症に悩まされているそうです。

足首のちょっと上あたりを触ってみたときに、冷たいと感じたり押したときに痛いと感じたら、足が冷えているということになります。

冷えた状態が続くと血液の流れも悪くなり、水分が溜まってしまい「むくみ」が起きます。

また、むくみがある時には筋肉が硬くなり、増々冷えている状態が続いてしまうのです。

さらに、筋肉が硬くなることで脂肪が燃焼することが減り、皮下脂肪が付きやすくなって、足が太くなってしまう恐れもあります。

3・生活習慣・食生活の乱れ

生活習慣や食生活の乱れも足のむくみに関係しています。

食事では、塩分や糖分の摂りすぎ・水分の摂りすぎ・水分不足などに注意が必要です。

特に塩分は水分を摂り込む性質があるため、体内に必要以上に摂取すると、余分な水分を排出することができなくなってしまいます。

そして、不規則な生活を続けていると自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れが起きやすくなり、それが足のむくみにもつながる場合もあります。

バランスのとれた食事を摂るように気を付け、適度な運動や質の良い睡眠を心がけ、精神的に安定した生活を送ることもむくみ予防や改善に大切なことです。