顔・足のむくみも簡単に解消!おすすめ むくみサプリ
顔・足のむくみも簡単に解消!おすすめ むくみサプリ > むくみについて > ダイエットをしても痩せないのはむくみのせい?

ダイエットをしても痩せないのはむくみのせい?



むくみやすい人は太りやすい

上半身はダイエットするほどではないのに、足の太さが気になる・・・。

足を細くしたくて部分ダイエットをしているけど、なかなか思うような結果が出ないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その原因はもしかしたら「むくみ」かもしれません。

むくみやすい人は太りやすい、と聞いたことはありませんか?

むくみの原因は、塩分の摂りすぎやアルコールなどさまざまですが、1番の原因はふくらはぎや足の筋肉を使わないことです。

ふくらはぎの筋肉は、ポンプの働きを持っていて血液と一緒に水分やリンパ液を上半身へ送り返す役割りをしてくれます。

むくみやすいのは、男性に比べて女性のほうが圧倒的に多いです。

それは、男性より女性の筋肉量が少ないからです。

筋肉が少ない上に運動不足などで、筋肉を動かしていないと基礎代謝が低下し消費カロリーも少なくなります。

まとめると、太りやすい=むくみやすい・基礎代謝が低い・消費カロリーが少ないということとなります。

太っていると、体の面積が大きくなってしまうので血液の循環が悪くなってしまいます。

体を鍛えて筋肉で大きくなっているのなら、筋肉がポンプの役割をしてくれ血液がしっかりと流れてくれるのですが、脂肪が増えて太った体の状態なら、血液がうまく戻ってくれません。

血流が悪いということは、老廃物や余分な水分がたまりやすいので、むくみが起きてしまうのです。

このようなわけで、肥満とむくみの関係性はとても深いと言えます。

ダイエットをするなら、むくみ対策も一緒にしていきましょう!

むくみ体質改善方法!

できるだけ同じ姿勢でいない

学校や仕事などで、長時間座ったままだと、血行がよくない状態になってしまいます。

出来たら1時間に1回、もしくはちょっと時間ができたときに、立ち上がってストレッチをしたり歩いたりしましょう。

効果があるのは、階段の上り下りです。

さらに、つま先で歩くことによって血行をよくしてくれます。

ふくらはぎの筋肉を意識して動かす

ふくらはぎを動かすと筋肉も一緒に動くわけですから、足に溜まっている老廃物や余分な水分を押し流してくれます。

ふくらはぎが良く伸びる状態なのは、つま先で立った時です。

立ち上がったときに、その場でかかとを上げ下げするだけでも効果があります。

座った状態で、足首をまわしたりすることもよいでしょう。

気が付いたときに、こまめにふくらはぎを動かすことで、むくみにくい体を作ることができます。

塩分を控える

インスタント食品・外食・コンビニ食などは、塩分が高いものが多いです。

1日の塩分摂取量は10gが適量となっていますので、気が付くと10g以上摂ってしまいます。

カロリーと一緒に塩分量も気にしてみましょう。