顔・足のむくみも簡単に解消!おすすめ むくみサプリ

ふくらはぎのむくみを解消する方法



むくみを感じやすいむくみを感じやすいふくらはぎ

1日の終わりにふくらはぎがむくんで、ロングブーツを履くのが一苦労!という経験をお持ちの方、多いのではないでしょうか。

起床時や夕方にむくみやすい「ふくらはぎ」。

足は、心臓から遠い部分なので体の中で1番むくみやすいです。本当は、体の一部分にむくみを感じていると、全身むくんでいるそうです。

ではふくらはぎがむくんでいると、なぜ気になってしまうのでしょうか。寝ている時は、全身に余分な水分が分散している状態になっています。

朝起床して体を起こすと、余分な水分が時間をかけて溜まってしまうというのが原因です。

体内の水分の半分以上が下半身に集まっているので、余分な水分も溜まりやすくなっているのです。

女性の場合は、スカートやロングブーツ、スキニーパンツなどを履くのでむくみを感じやすいので、ふくらはぎのむくみが気になってしまうのです。

ふくらはぎがむくむ原因

ふくらはぎがむくむ原因は、いくつかあります。

ふくらはぎのむくみは、立ちっぱなしや座ったままの状態が長い時間続くと血液の流れが悪くなり、心臓へ血液を送り戻す役割りを持っている筋肉が使われないことが原因になります。

ふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれ、血液やリンパの流れを助ける役割をしています。歩いたり、走ったりして足を動かすことで、筋肉が収縮します。筋肉が血管を圧迫してポンプの役割をし、足に溜まっている血液やリンパを流してくれるのです。

長い時間同じ姿勢で動かないでいると、足の筋肉が固くなり血液の流れが悪くなってしまい、むくみが起きるのです。

ふくらはぎにむくみが起きるのは重力も関係します。心臓まで血液を送り戻すには、とても強い力が必要不可欠です。

なので、加齢や運動不足などでふくらはぎの筋力がなくなってくると、むくみやすくなります。特に運動をしていない人で、ふくらはぎの筋肉が固いという人いませんか?

それはもしかしたら、老廃物が溜りすぎて固まったいただけということもあるんです。ふくらはぎが硬いことが原因で、血液の流れも悪くなり冷えの原因にもなります。

足がむくんだときの症状、
・指で押すとへこんだまま元に戻りずらい
・靴下の跡がついたまま
・パンパンになって痛い
・朝よりあきらかに太さが違う
・靴やブーツをはくことができない
・だるい
などたくさんあります。

注意が必要な症状、
・ふくらはぎが固くて張っている
・左右の固さが違う
・足首をスムーズに回すことができない
・足を動かしたときにつりそうになる

1つでも当てはまったら、むくんでいるかもしれません。

ふくらはぎが硬い時は、老廃物が溜まっているのが大きな原因です。

マッサージをしたり、温めたりして血液と一緒に老廃物を排出しましょう。