顔・足のむくみも簡単に解消!おすすめ むくみサプリ

飲み会の次の日は必ず足がむくむ



お酒を飲む事でむくみやすい環境を作ってしまっている

お酒はみんなでワイワイ飲むと楽しくってついつい飲み過ぎちゃうこと多いですよね。

今回の飲み会は絶対に飲み過ぎないぞ!と固く心に誓っても気が付いたらいつも以上にお酒を飲んでしまっている・・・飲み会があるたびに、そんなことになってしまっています。

お酒は、飲んでいる時は美味しく感じるし、雰囲気がよくて身体にはまったく問題はないと思いがちですよね。

飲み過ぎて後悔するのは次の日。

朝起きたら、頭がガンガン痛くなるほど二日酔いになってしまったり、顔や足がパンパンにむくんでいるってこともあります。

夏や年末の季節的に飲み会で、ビールやその他のお酒を飲むことが増えれば増えるほどに身体への影響が大きくなってしまいます。

お酒を飲んだ後は、気持ちよくなりそのまま寝てしまうということが多く、お風呂にゆっくりつかってから寝るということがなく、むくみやすい環境を作ってしまっているのです。

お酒は水分なので水分補給にならないの?と思われがちですが、体内ではアルコールを分解するときにたくさんの水分を使っています。

アルコール分解をしている体内は、軽い脱水状態になっているのです。

その体内状態へ、脂っぽい・塩分が多い・濃い味付けの料理が続くわけですから、簡単にむくんでしまいます。

お酒を飲んでもむくまないために

お酒を飲むとむくみやすい、という人はお酒を飲まないのが1番!

けど、そういうわけにもいきませんよね。

お酒を飲んでもむくまないように、飲み会や飲み会後に工夫をして美味しくお酒を飲む方法をご紹介します。

1・お水を飲みすぎないようにする

お酒を飲んだ後って、のどが渇きませんか?

その喉の渇きに任せると、お水を飲み過ぎてしまいます。

お水を飲む場合は、ストローなどをつかってちょっとずつ飲むようにすると、飲み過ぎを防げることができます。

お酒を飲んでいるときに、お酒だけではなくたまに水を飲むようにすると良いですよ。

身体はアルコールを分解するときに水を必要としています。

少しでもお水を飲むことで、適度な水分補給をすることができるのです。

お酒を飲んだ後に大量にお水を飲むことは、次の日のむくみの原因になってしまうので注意です!

2・おつまみに気をつける

脂っぽかったり、塩分が多いものって、お酒のおつまみにピッタリなんですよね。

ですが、このような食べ物は喉が渇きお酒やお水の飲み好きの原因になってしまいます。

塩分の多いものを食べる→お酒が美味しくなりたくさん飲んでしまう→むくむ

おつまみには、ミネラルたっぷりの海藻サラダ・野菜スティック・果物などカリウムが豊富に含まれているものを選びましょう!

3・お酒を飲み過ぎない

お酒を飲み過ぎると当然、むくみに直結します。

むくみやすい人ほど、お酒の量は適量を保つようにしましょう。

ビール500ml・日本酒1合・焼酎0.5合が理想な量です。

次の日にむくみが出てしまったら

気を付けていても、むくみが出てしまったという場合もありますよね。

むくみは体内にたまった水分が排出されないことが原因になるので、不要な水分を体の外に排出させる必要があります。

お風呂に入って汗を流したり、時間があれば軽く運動をすることもオススメです。

朝食では、むくみを追い出すカリウムを含む食品を食べましょう。

・じゃがいも
・さつまいも
・キノコ類
・ほうれん草
・バナナ
・リンゴ
・グレープフルーツ

などが効果があります。

普段から家にあるような食材なので、手軽に取り入れることができますね。

せっかくの楽しい飲み会だったのに、翌朝むくんだ顔やパンパンの足で出社ということにならないためにも、むくみ予防&対策をして飲み会の翌日でもスッキリすごしましょう!